【ASP.NET Core 】Webアプリの共通レイアウト②(サイドバーをコンテンツ領域の上に重ねる)

最近はスマホやタブレットの登場により、スマホでも見やすいレイアウト作成が必要不可欠になってきました。【ASP.NET Core 】Webアプリの共通レイアウト①で作成したレイアウトは、スマホで見た場合にコンテンツ領域が非常に狭くなり、見にくくなってしまう問題点があります。今回は、スマホでも見やすいレイアウトにするため、サイドバーを開閉できるレイアウトの作成する方法をサンプルコードを提示しながら説明します。
  1. ヘッダー・サイドバーが常に表示されるレイアウト
  2. サイドバーがコンテンツ領域の上に重なっているレイアウト
  3. サイドバー開閉
続きを読む

【ASP.NET Core】 部分ビュー

各ページで共通利用される部分的なビューを抜き出し、埋め込み可能なビューとして定義することができます。部分ビューを上手く利用することで、コードの重複を減らすことができ、コードの見直しも行いやすくなります。

  1. 部分ビューとは
  2. 部分タグヘルパー
  3. 部分ビューにModelを渡す
続きを読む

【ASP.NET Core】共通レイアウト

ASP.NETアプリの既定レイアウトで、「Views / Shared」フォルダ内にあります。既定レイアウトとはアプリのビューのテンプレートです。どのビューでも(画面を移動しても)常にヘッダーを表示させたい場合など、_Layout.cshtmlを用いてヘッダーを定義することでコードの重複を減らすことができます。

  1. _Layout.cshtmlとは
  2. @RenderBody()
  3. cssファイル読み込み
  4. jsファイル読み込み
  5. 個別でレイアウトを変えたい場合
続きを読む

【ASP.NET Core 】 Webアプリの共通レイアウト① (ヘッダー・サイドバー)

_Layout.cshtmlと部分ビュー、さらにcssを利用し、Webアプリ共通のデザインを定義します。Webアプリでよく見られるヘッダーとサイドバーが常に表示されているレイアウトを、サンプルコードを提示しながら以下の手順で作成します。

  1. _Layout.cshtmlとは
  2. 部分ビューとは
  3. ヘッダー作成
  4. サイドバー作成
  5. 共通レイアウト作成
続きを読む